シンクランド株式会社は光学・電気技術を用いた医療機器及び
検査測定機器等の 開発・製造及び販売を担っております。

045-633-4082

【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

TOP > 製品検索 > 光アクティブ製品 > LD光源 > 【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310 【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310  
  • 【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

  • 【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

【組込用 LD光源】OPS-LD05160-W1310

型番:OPS-LD05160-W1310
カテゴリー:LD光源

製品概要

OPS-LD05シリーズは機器組み込み用のLD光源(CW)です。1310nm/16mWと1530~1610nm/40mW があります。
1530~1610nm/40mWでは ITU周波数を 0.1THz 刻み(注 1)で指定することが出来ます。
±0.05dB 以下の高安定出力と±10pm 以下の高安定波長の出力が得られます。
40nA/√Hz@300mA 以下の超低雑音電流密度の電流でLDを駆動しているので狭線幅です。
電源とインターロック(キースイッチなど)の配線をすると直ぐに使う事ができます。
また、PD電流と LD 電流のモニタ電圧を出力しているので,運転状況を外部モニタする事が出来ます。
内蔵のLDモジュール個別に温度制御が最適化(注 2)されています。
(注1) ITU周波数 186.00~196.00THzを 0.1THz 刻みで指定します。
 光波長は TIU 周波数から次の様に計算します。
 λ[nm]=299792458÷ITU 周波数[THz]÷1000
(注2) 定格出力時に光波長がITU周波数になるように個別に温度設定をしています。

仕様

仕様 ・波長と出力パワー:1310nm 16mW、1530~1610nm 40mW
・±0.05dB 以下の高安定CW出力パワー
・±10pm 以下の高安定波長
・APC 運転とACC 運転
・高速温度制御
・狭線幅10MHz 以下、Op.1MHz 以下
・インターロック入力
・Im(PD)電流とIF(LD)電流のモニタ電圧出力
・-5V 単電源
用途 ・通信インフラ
・レーザースケール
・各種レーザー機器
注文情報 ・1310nm/16mWの品番 OPS-LD05160-W1310
・1530~1610nm/40mWの品番 OPS-LD05400-ITUxxxxx

お問い合わせ窓口

弊社サービスに関するご要望ご依頼がございましたら以下の各種お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
保存保存