シンクランド株式会社は光学・電気技術を用いた医療機器及び
検査測定機器等の 開発・製造及び販売を担っております。

045-633-4082

電波可視化事業

TOP > 事業紹介 > 電波可視化事業

このようなお困りごとはありませんか?

お悩み例

当社では今まで製造してきた材料で高周波帯で使えそうな素材があるけれど、どうすれば世の中にアピールできるだろうか。

実際に計測したデータを顧客に提示できたらアピールが可能なのに、電波は見えない…。

高周波の振る舞いがわからない。可視化ができたらいいのに。

このようなお悩みの方は、シンクランドに お任せください!
(営業担当:城座)シンクランド城座

当社の提供できる計測技術は岐阜大学で開発・実証され
Photonic Edge Inc.(注) が社会実装に取り組んでいます。

計測事例はこちらのサイトでご紹介しております。
(Photonic Edge Inc.のWEBページが開きます)




実際の計測風景


計測事例はこちらのサイトでご紹介しております。
(Photonic Edge Inc.のWEBページが開きます)

電波可視化事業について

高価な計測器・専門知識がなくても大丈夫!実測による電磁波(1 GHz-600 GHz)の可視化で複雑な電場の状況を把握することが可能です



上の図は、平らなアルミ板に平面波状のミリ波が照射され反射されている様子の実測結果です。入射波と反射は干渉して振幅分布にムラが生じています。

この状況は容易に想像できますし、ノートPCでシミュレーションすることも可能です。

ところが、しわくちゃなアルミホイル表面で反射・散乱された電磁波の空間分布がどうなるか、想像できる人はいません。シミュレーションで正確に求めることもできないでしょう。電磁波はMaxwell方程式に従うので計算はできますが、アルミホイル表面の凹凸状態を正確・精密に計算機に入力することが困難なためです。

シンプルな状況(左図上)もどんなに複雑な状況(左図下)も、実測にとっては同じです。ただ、その場の電場分布を計測すれば、リアルな環境で電磁波がどのように振る舞うのか一目瞭然です。

我々は、電場の可視化技術の社会実装を通して次世代高周波産業の開拓に貢献します。

本技術の一部はJST先端計測分析技術・機器開発プログラム (外部サイト)S評価のサポートの元開発されました。

計測技術の特徴


  • ベクトルネットワークアナライザ(VNA)による測定のように測定対象となる波源に信号を入力したり、測定対象から位相計測のための基準信号を引き出す必要がないため、測定対象と測定環境を選ばずに近傍界の振幅と位相の空間分布の可視化が可能。
  • 計測システムは高周波電子回路部品を用いておらず、高い信頼性が実証されてきた光通信部品と低周
    波電子回路部品から構成されるため、非常に安価。
  • 電界を検出するプローブは光ファイバケーブルや電気光学結晶3)などの誘電体部品で構成されており、従来技術のような金属アンテナや金属ケーブルを用いていないため、電界分布を乱さず非侵襲で計測可能。
  • 電気光学結晶により検出された信号は光波としてフレキシブルな光ファイバー中を伝送されるため、測定点へのアクセスが容易。
  • 光ファイバは伝送路として低損失でありまた光アンプにより光波は容易に増幅可能なため、長尺な光ファイバを利用することで遠隔からの計測が可能。
  • 光技術に基づき高周波信号をロックイン検出が容易に可能な低周波信号に周波数変換しており、マイクロ波からテラヘルツ波までの広い周波数範囲に適用可能。

技術の適用例


    本技術の適用範囲は広範に渡りますが、例えば以下の例が考えられます。
  • 車両に搭載され実際に運用される状況でのミリ波レーダの近傍界分布計測と放射パターン推定
    ・バンパーの配置や塗料、凹みや傷などが近傍界分布と放射パターンへ与える影響の計測
    ・近傍界計測によるミリ波レーダのエイミング
  • 波源に信号を入力できないデバイスの近傍界分布計測と放射パターン推定
    ・アンテナと回路が集積化されたオンチップアンテナデバイスの評価
    ・アンテナ端子を持たない5G基地局からの放射パターン計測

計測事例

計測事例はこちらのサイトでご紹介しております。
(Photonic Edge Inc.のWEBページが開きます)

電波可視化に関する
ご相談、お見積もりはこちら

ご相談フォーム

お問い合わせ窓口

弊社サービスに関するご要望ご依頼がございましたら以下の各種お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。